肩こり・腰痛は卵巣からのSOS?

当院には腰痛や肩こりの患者様が沢山いらっしゃいます。
一口に腰痛、肩こりといっても原因はさまざまですが、その中でも最近、卵巣の不調が原因の肩こり・腰痛になっている方が増えています。

→ 土踏まずで卵巣の状態をチェック

然谷(ねんこく)はあしの裏、内側にある
然谷(ねんこく)
肩こり・腰痛・頭痛・生理痛。いずれも多くの女性が悩みとなっている症状ですが、あまりに一般的な症状なので、不妊症との関連を疑うことを忘れがちです。
これらの症状がある方は、ぜひ土踏まずの然谷(ねんこく)を押してみてください。
あしの内側のくるぶしの下にある骨を見つけ、この骨沿って足裏へなぞっていくとくぼんでいるところがあります。くぼみの真ん中が然谷(ねんこく)のツボです。 然谷(ねんこく)を押して痛みがあるなら、腰や肩、頭痛、生理痛の原因は、卵巣の不調かもしれません。

→ 婦人科疾患のチェックポイント、お尻

臀部を押すと痛みを感じるときは要注意
婦人科の反応点
肩こり、腰痛、頭痛、生理痛といった症状があり卵巣の不調の可能性が高い場合、もう一つ確認するのはお尻です。
婦人科に何らかの問題ある方は、多くの場合臀部を押すと痛みを感じます。
肩や腰の痛み、土踏まず、お尻を押したときの痛み…と条件がそろうと卵巣の不調、つまり婦人科疾患の疑いが濃厚です。

→つらい肩こり、腰痛と婦人科疾患のつながり

婦人科疾患が原因の肩こり・腰痛・頭痛を改善するには、原因となっている卵巣を治療していくと、一連の症状が嘘のように軽くなっていきます。 肩や腰といった痛みを感じている場所に直接触るよりも、原因を取り除くことで根本的に改善されていくのです。もちろん、卵巣に直接鍼をするわけではありませんが…。
この辺りが、鍼灸の面白いところです。

女性の心身の健康は卵巣、子宮の状態と切っても切れない密接な関係にあります。
婦人科の問題を解決していくと、全身の不調が改善されていきます。

肩こり、冷え、腰痛、生理痛、不妊症…。

皆さん、土踏まずとお尻は痛くないですか?