当院の鍼灸治療症例集

代表的な症例を、症状のあった部位ごとにご紹介します。
患者さまのご了解を得た症例のみご紹介しております。ご協力いただいた患者さま、ありがとうございます。

糖尿病から来る肩こり(20代 男性/30代 女性/60代 女性)

肩・腕・手 糖尿病が原因の場合、肩甲骨の下辺りが帯状に凝る特徴があります。

ここでいう糖尿病の方は、病院に通っている訳ではなく、健康診断などでも血糖値に問題はありません。しかし体の状態を見ると、過剰な糖分の摂取によって糖の分解代謝が出来ていない状態です。
このまま数年が経過すると間違いなく徐々に血糖値が上がり、血液検査にも数値として現れて、肩こり以外の糖尿の症状などが出てきます。
糖尿病になる前の未病の段階ですが、体が「危ないですよ!糖分のとりすぎですよ!!」といって警告を発している状態です。

治療

まず糖の分解を促す処置をします。血糖値を下げるすい臓の働きを助け、糖の分解代謝がスムーズに行われていくように治療していきます。

糖の代謝異常が原因の場合、治療後に症状の劇的改善が見られます。ほぼ一回の治療で、症状は半分程度は改善され、背中が楽になります。
3名の患者様も一回目の治療から症状の改善が見られ、10回ほどの治療で症状はほぼ無くなりました。

考察

糖尿病が原因の肩こりでは、継続的な治療が必要になります。
ご自身で甘い物を控えたり、高カロリー食になら無いよう食事管理をしなければなりませんが、ほとんどの方が食生活を改善出来ないのです。
(中には出来る方もいらっしゃいますが…。)
その結果、一度良くなっても、同じ食生活を繰り返すことで肩こりが再発してしまいます。
食生活を改善し、月一回程度の治療を継続的にしていく事で、辛い肩こりは感じなくなります。 是非一度、鍼灸治療をお試しください!!