不妊症治療症例集

不妊症鍼灸治療相談 不妊症の鍼灸治療 不妊症治療 症例集

東洋医学では、不妊症※の治療というよりは、身体の異常反応を直していくことで、
自然に体調がよくなり、結果として妊娠しやすい身体になっていく、というのが基本的な考え方です。
代表的な症例のなかから、患者様のご了解を得た症例のみご紹介しております。
ご協力いただいた患者様、ありがとうございます。

OHSS(卵巣過剰刺激症候群)(35歳 主婦 世田谷区在住)

婦人科疾患 hMG-hCG療法によりOHSS※発症。腹痛、腰痛、卵巣腫大などの症状で、歩行すら困難な状態となる。今後、治療のたびに同じ症状になりたくないと言って、転院を期に、友人の紹介で来院される。
初診時、卵巣の反応点である足のツボに激痛あり、卵巣の状態の悪さを物語っていた。

治療

治療は、その卵巣の反応点の痛みを取り除くことを中心に行うが、その他に、盲腸の手術痕の治療、お血※、慢性の扁桃腺炎などの治療を同時にほどこした。
治療を5回ほどした頃から、卵巣の反応点の激痛が減少したので、それを期に、西洋医学的な治療の再開を提案した。(ご本人の希望もあったため)
西洋医学的治療はやはり「hMG-hCG療法」であったが、過去に受けたときに発症していたOHSS※の症状がほとんど出ず軽い腹痛がある程度で、治療が楽に受けられるようになったとの事。
その後も鍼灸治療をほどこし、IVFにて妊娠される。
(治療回数 17回 約3ヶ月)

考察

東洋医学では、卵巣を「腎」、子宮は「肝」というように、五臓に配当されている。卵巣の症状が強く出ているときは、腎臓の経絡を治療する事により、その症状や機能が驚くほどに回復してくる。
今回、紹介した患者様の場合、過去に、盲腸の手術をされていたために、その癒着が顕著に見られ(癒着の有る場合は、傷跡を圧迫すると激痛がある)、子宮、卵巣周囲の状態をさらに悪くしていたと考えられる。そのため、盲腸の術後の癒着を取り除くことも重要な治療であった。盲腸は、五臓では「脾」の疾患である。
腎、脾の経絡を治療し、卵巣自体を治し、癒着を取り除くことで、下腹部の血液循環が改善され、hMG-hCG療法に耐えうる体になったと思われる。

鍼灸治療3回目より、肩こりや、通常も多少あった腰痛が改善された事に患者様は驚いていたが、原因を治療する事で症状は自然とおさまっていく。

上記以外にも十数例のOHSS※の患者様の症状改善がみられました。現在も治療中ですが、副作用が軽減されているため「西洋医学的治療に積極的になれる」というご意見を頂いております。 卵巣の状態だけではなく、その周囲の状態、下腹部の開腹手術による血流障害や他臓器の問題、お血※など、西洋医学的に問題がない、検査をしても異常がない、という患者様も、東洋医学的に体を診察して行くと、悪い部分が発見されることがほとんどです。
まず、そこを治していく事が、OHSS※克服の第一歩だと思っています。

OHSS※は、十分に鍼灸治療で効果が得られると考えています。辛い症状でお悩みの方、是非当院の東洋医学根治療法をご体験ください!!