鍼灸用語集

「お血」とは

→ お血って何?

婦人において、月経障害によって月経血の排泄が妨げられ、また、閉止すると、非生理的血液である月経血は、お血となります。

お血には毒性があり、抗菌力が無いため、細菌の寄生や繁殖を容易にします。
そして、このお血が長い間、停滞し、高度になると、子宮やその近くの臓器の血管内に沈着するばかりでなく、全身に循環し、臓器や組織の中に沈着して、血栓を生じ、心臓、血管壁に沈着して諸症状を誘発するようになります。

婦人は、このように、生理不順や産後の悪露(おろ)の停滞、打撲や内出血、手術の出血で再吸収された血液などが、お血となり、体内に停滞します。

男性では、遺伝や、打撲などの外傷によって、生じる事が多いとされています。

「皇漢医学」・第一巻、
鍼灸臨床 新治療法の探求 参照

→ お血によって起こるとみなされる疾病

  • 循環器・・・動脈硬化 脳卒中、不整脈
  • 消火器・・・便秘 胃酸過多 慢性胃炎
  • 呼吸器・・・喘息 息切れ
  • 皮膚科・・・湿疹
  • 婦人科・・・生理不順 更年期
  • 精神科・・・神経症、心配性、うつ症
  • 泌尿器科・・膀胱炎 前立腺炎
  • 運動器・・・坐骨神経痛 腰痛

その他 不妊症※お血に関係があります。

→ お血の診断点

お血の場所 この部分を押して痛みのある方は、お血反応が陽性となり、お血を取る処置をしなければなりません。
たとえ、症状が肩こりや、腰痛であったとしても、この部分を押して痛みがあった場合は、そこから治療をしていきます。

写真をご覧になり、ご自分で押して見て、確認されても良いと思います。もし、押して痛みがあるときは、今ある症状の原病巣になっている事があります。

以上のように、お血は体内で、あらゆる疾患のもとになります。お血を取り除くことは、お血が原因で出ている病気を治すだけでなく、今後、それが原因となって、起こりうるであろう病気を、未然に防ぐことが出来るのです。