当院の鍼灸治療症例集

代表的な症例を、症状のあった部位ごとにご紹介します。
患者さまのご了解を得た症例のみご紹介しております。ご協力いただいた患者さま、ありがとうございます。

内臓下垂から来る肩こり(30代 女性 会社員)

肩・腕・手 数年前から両肩が凝り、常に重い荷物を背負っている感じ。腰痛もある。
とにかく常に肩が凝ってしょうがない。
昼間は頻尿気味だが、夜間は頻尿の症状はない。

治療

昼間の頻尿は、内臓が下垂し膀胱を上から圧迫している証拠。
内臓下垂から生じる肩こりと診断。下垂に効くツボを使用し、下垂を取り除く処置を行う。
痛みのある肩に直接鍼を打つ治療はしていない。
治療後、肩の重みは6割減。その後5回の治療で数年間の肩こりをほとんど感じなくなる。

肩こりが取れると同時に昼間の頻尿も改善された。治療前は午前中4・5回トイレに行っていたが、朝一回でお昼まで行かなくても済むようになる。